<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINK
RSS
ADMIN
TAGS
LIVE (15) , KGM,千尋 (7) , diary (5) , youtube (4) , 千尋 (2) , 雑記 (2) , jamaica (2) , マヨネーズ (1) , 科学 (1) , 乳化 (1) , ucoca (1) , Happyturn (1) , 平山ケンタ (1) , 地方在住ミュージシャン (1) , KGM (1) ,
ARCHIVES
仙台でグルメを満喫
仙台、といえばやはり「牛タン」なのでしょうか。

tang.jpg

よく「なんで仙台は牛タンが名物なんですか?」と聞かれますが、こういう歴史の様です
太平洋戦争後、仙台にもGHQが進駐した。その際、大量に牛肉を消費する駐留米軍が残したタンとテールを有効に活用するために、1948年(昭和23年)、仙台の焼き鳥店「太助」初代店主・佐野啓四郎が、牛タン焼きの専門店を開業したことが 「仙台牛タン」 の始まりである。佐野はタンシチューから着想して、タンを薄い切り身にして塩焼きするという調理法を考案した(米軍の残り物説について仙台牛たん振興会は全面否定しているが、佐野はむしろ公式見解として認めており、自信のある元祖とイメージダウンを嫌う新規参入業者との間で見解の相違が生じている)[要出典]。

佐野の牛タン焼きの発明から長らくは、それほど牛タン料理は市民に人気があるわけではなかった。もともとが外食から生まれた料理であり、家庭で食べられることは殆どない。むしろ珍味の扱いで、一部の愛好者や酔客が「締め」に食べる程度だった。やがて高度経済成長期になって、他都市から仙台への転勤族や単身赴任者(仙チョン族)が増えると、昼食時や夜の街で仙台牛タン焼きの味を知り、仙台赴任からとりわけ東京に戻ったサラリーマンの間で仙台牛タン焼きは評判になった。また、牛タンの高蛋白質の割に脂肪が少ないことがマスメディア等で紹介され、ヘルシー志向の人たちのみならず国民全体に牛タンが受け入れられ[要出典]ていった。このような流れに乗って仙台牛タン焼きも有名になっていった。

仙台牛タン焼きは、旅行の一般化によって観光客たちの食べるところ[要出典]となり、また、外食の一般化によって仙台市民も食べるところとなったが、最大の転機は、1991年に始まった牛肉輸入自由化である。以前は老舗業者くらいしか無かったが、牛肉輸入自由化に伴い安価に材料が入手できるようになり、ここ10数年の間に新規参入した業者が増えた。


他県の焼き肉屋さんで牛タンを食べたりもしますが、肉が薄くてちょっと物足りないんですよね。牛タンはやはり仙台で食べた方が良いと思います。
お店ですが、老舗の「太助」、店舗の多い「利久」あたりが人気の様。休日の「利久」の行列っぷりは半端じゃないです。
「どこが一番美味しいか」と聞かれても困ります。大体どこも美味しいんです。
ただ、それぞれに得意分野があるし、微妙にお肉の切り方や焼き加減が違うので、好みやシチュエーションに合わせて利用するのが良いでしょう。サイドメニューの充実を求めるのなら「利久」か「伊達の牛たん本舗」あたり。「お肉ぅぅ!」というなら老舗「太助」とか「喜助」かな。個人的には「まるたん」というお店もおすすめ。牛たんのひき肉を使った「たんコロッケ」「たん玉」ってのが美味しくて、、、
maru.jpg
太助
利久
伊達の牛たん本舗
喜助
まるたん
TRUNKへ来るなら歩いて1〜2分の所にある喜助がいいかな。電車で来るなら駅ビルの伊達の牛たんがいいかも。車で移動してくるなら駐車場付きのまるたんあたりで。
お試しあれ

仙台はお菓子も色々あります。一番人気はやはり「萩の月」?
hagi.jpg
最近人気なのは抹茶クリームの大福「喜久福」
kiku.jpg
私がおみやげで買って行くのは「黒砂糖まんじゅう」
koku.jpg
むちゃくちゃウマイです。

これ以外でもポカポカのオムハヤシとか
ommu.jpg
pokapokaと同じビルの三階にあるリンデンバウムのチョコレートクッキーとか
linden.jpg
おすすめしたいものは沢山あるのですが、それはまた書きます。

是非仙台に来てグルメってください。美味しいお店は沢山あります

ああー桃源花の担々麺、たべたいなぁ
tougen.JPG
  • (2010-05-06 21:04:35)